page top

第一回手話うたコンテスト 受賞作品一覧

タイトル
believe
チーム名
高等部生活文化部
説明
私たちは東京都立中央ろう学校高等部生活文化部です。
今回の手話歌のポイントは、言葉通りに手話を表現するのではなく、意味を掴んで表現することです。
また、グループに分かれてやることで、見た目も綺麗になると思いました。

最優秀賞 審査員による講評

  • 手話表現がとても工夫されていました。歌詞の意味を自分たちに置き換えて、卒業後社会へはばたいていく皆さんの気持ちが伝わってきました。すばたらしい手話歌でした!
  • 手話の中にストーリー性があってよかったです。フォーメーションのピックアップなど工夫されていました。
タイトル
みんなのビリーブ
チーム名

兵庫県立姫路聴覚特別支援学校小学部

説明
本校の小学部のみんなで、心を合わせて歌いました。
みんな、友だちが大好きです。

優秀賞 審査員による講評

  • 手話表現が工夫されていて、みんなの息の合った手話歌になっていました。
  • 一生懸命に取り組む姿に共感できました。間奏中のメッセージも良かったです。
タイトル
ビリーヴ
チーム名
姫聴スーパー8
説明
「手話はぼくたちにとって大切なことば」という聞こえない生徒たちが手話に心をのせて歌います

優秀賞 審査員による講評

  • 手話を大切に思って歌っている気持ちが伝わってきました。
  • 声がよく出ていました。間奏中のメッセージも良かったです。
タイトル
ビリーブ 〜希望に満ちた未来を信じて〜
チーム名
I LOVE Fukushimaズ
説明
クラスのみんなで、歌の意味を考えて、手話表現を考えました。世界中の人たちが仲良くなり、平和な世界になれば、苦しみや悲しみのない希望に満ちた世界になると信じて歌いました。

優秀賞 審査員による講評

  • 役を演じ分けながら歌っているところがよかったです。何より楽しんで歌っている姿に感動しました。手話表現も素敵でした。
  • 楽しく演奏歌唱しているのに共感できました。アクションが大きくて楽しそうでした。
タイトル
Believe
チーム名
岡山県立岡山聾学校小学部5,6年
説明
手話表現は5,6年の児童が相談して決めました。学園祭では1年生から6年生のみんなで歌いました。

優秀賞 審査員による講評

  • 自分たちで手話表現を考えたところがよかったです。気持ちが伝わる手話表現でした。
  • 声がよく出ていました。
タイトル
届け、Believe!
チーム名
大阪府立中央聴覚支援学校高等部「Believeを届け隊!」
説明
この思いが、みんなに届きますように・・・。

優秀賞 審査員による講評

  • 歌詞の意味を考え工夫された手話表現になっていました。また、笑顔で楽しみながら歌っていたところがよかったです。
  • 歌っているときの笑顔が素敵でした。歌声もよく出ていました。